update

小屋×都市
#16(完)
小屋に見る
「希望」や「願い」

 

どんな「願い」や「希望」が
そこにはあるのだろう?
そんな問いで「小屋」を見ることが
どんな「都市」をつくるのかに、
つながっていくのかもしれない。

 

見てきた小屋の裏に、どんな欲求があったのか

「都市を科学する〜小屋編」はこれまで、「機能」が似たような事例を集め、分析してきた。

では、それらの小屋は、「なぜ」欲しかったのだろう?

今回は、「機能」をさらに深堀りし、「願い」や「希望」という視点で、これまでに見てきた小屋を、もう一度整理することにした。

 

結果として浮かび上がってきたのが、次の5つだ。

 

1.純粋に楽しいことをしたい!

楽しい「遊び道具」としての小屋が、求められている。

モチベーションは、「遊びたい」「楽しみたい」というシンプルな思い。

一般的なレジャーなどの趣味と同じような役割を、小屋も果たしている。

 

関連が特に強い記事:#02好きな世界をつくる小屋#03出会いと「ありがとう」がある小屋#04仲間をつくる小屋#05「ぼんやり」楽しむ小屋#07安曇野レポート全編=自由#14可能性を追求する小屋#15妄想する小屋

 

2.人と適度につながりたい!

適度な「つながり」や「関係性」のために、小屋を活用する人がいる。

#10「空間を細分化する小屋」のように、つながりを強化する方向だけでなく、関係や距離感を最適化するケースもある。

モチベーションは、「心地よい人間関係・居場所」への欲求だろうか。 「人に頼らずとも衣食住が満たせる」「SNSでいろいろな人とつながれる」といった、高度化・複雑化した現代社会が背景にありそうだ。

参加見学自由なYADOKARI小屋部のワークショップ (#04仲間をつくる小屋で紹介)

 

関連が特に強い記事:#03出会いと「ありがとう」がある小屋#04仲間をつくる小屋#10空間を細分化する小屋#13小さな暮らしをする小屋

 

3.等身大で生きられる実感がほしい!

生きる力を確認したり、取り戻したりするための、「舞台」となる小屋がある。

背景にあるのは、高度化・複雑化した現代社会だろうか。無力感を覚えたり、社会への依存を感じたりする中で、「シンプルに生きたい」「 自分の生活を、自分の手でつくりたい」「つくるまでは行かなくとも、つくれる実感を持っていたい」という気持ちが芽生えるのも不思議ではない。

自らつくったり、あるものを活用したり、自然の中で過ごしたりできる小屋は、「等身大」に戻るためにうってつけのツールだ。

NYに出現「Ecological Living Module」。太陽光からの電気や雨を浄化した水のほか、壁面で野菜を育てて自給する。Via:dwell.com#11オフグリッド、自給自足の小屋で紹介)

関連が特に強い記事:#05「ぼんやり」楽しむ小屋#11オフグリッド、自給自足の小屋#12廃材を蘇らせる小屋#13小さな暮らしをする小屋

 

4.農耕型より自由な遊牧型になりたい!

束縛から逃れ、自由になるために、小屋を選ぶ人がいる。

「縛られたくない」「自分に合う環境を探したい」という思いが、ライフスタイルから感じられる。

アドレスフリーの進む現代社会では、「遊牧的」に生きることができる。

農耕型の「土地を資本に、所有を増やしていく」というシステムや価値観に、とらわれ過ぎなくても良いことが、小屋に現れている。

「キャンパーフェス2018 in 安曇野」で、夕暮れ空の下に並ぶモバイルハウス(#07で紹介)

関連が特に強い記事:#03出会いと「ありがとう」がある小屋#06移動する小屋#07安曇野レポート全編=自由#09空間や時間の隙間にはまる小屋#13小さな暮らしをする小屋

 

5.いろいろ探求・挑戦・表現したい!

「とにかく、やってみたい」という探究心や体験の欲求を、小屋に向けることもできる。

挑戦的な構造や見た目にしてみたり、最新テクノロジーを使ってみたり、何かを表現したり。

無目的でとりあえずやってみて、何が起こり何を感じるのかを確かめる、というのも探究的だ。

ある程度の豊かさが担保された社会だからこそ、単なる快楽のためではない、ちょっと高尚な遊び方をしたいのかもしれない。

 

関連が特に強い記事:#05「ぼんやり」楽しむ小屋#08安曇野レポート後編=自己表現#14可能性を追求する小屋#15妄想する小屋

 

番外.社会のニーズに応えるため

都市化が進み、変化のスピードが早く、選択肢が増えて人が飽きっぽくなった社会において、小屋のような小さな居場所は社会的ニーズに応える手段にもなる。

たとえばキッチンカーなら、「毎日では供給過剰だけど、週1日✕7ヶ所なら、需要とマッチする」とか「時間や空間にちょっとした隙間があるから活用してほしい」などの状況に対応しやすい。

小屋の使い手の「欲求」というよりも、社会の側のニーズなので、番外に位置づけた。

 

関連が強い記事:#06移動する小屋#09空間や時間の隙間にはまる小屋#10空間を細分化する小屋

 

小さくて気軽だけれど“贅沢品”?

「小屋」という形は、こうした「願い」や「希望」を追い求めた結果のひとつなのだと思う。

社会の状況や変化に反応して、込められる願いや希望が変わってくる。

 

現代社会に登場する小屋たちは、経済力を発揮していたり、生産的だったりするとは言いにくい。

むしろ経済とは違った価値観の、「より良く生きたい」という思いが滲んでいるように見える。

小屋は小さくて気軽であると同時に、欲求を叶えるための 「贅沢品」であるのかもしれない。

 

「小屋」は人の願いをさぐる「視点」

人はどんな小屋が、なぜ欲しいのか。

そんな問いは、現代を生きる人の「願い」や「希望」、さらにはその「背景」にある社会をさぐる、「視点」のひとつになる。

 

そんな探求を、どう活かすことができるのか。

現代社会を生きる個人として、自分の「願い」をさぐったり、小屋という形で具現化したりすることができる。

そして、現代社会をつくる一員として、いろいろな人の「希望」が満たされるような世界を、つくることもできるのではないだろうか。

 

現代を生きる人たちの願いや希望が、「都市」のあちらこちらで、叶えられるようになったら素敵だ。

小屋を眺めることには、その取っ掛かりとしての意味があると思う。

(了)
<文:谷明洋、イラスト:千代田彩華>

 

都市科学メモ=これまでの連載と、5つの欲求の関連

連載

テーマ

 

1.純粋に楽しい

2.つながり

3.等身大

4.遊牧的

5.探求・表現

番外.社会のニーズ

2

好きな世界をつくる

 

 

 

     

3

出会いとありがとう

 

     

4

仲間をつくる

 

       

5

ぼんやりつくる

 

 

 

 

6

移動する

       

 

7

安曇野前編=自由

 

   

 

 

8

安曇野後編=自己表現

       

 

 

9

隙間にはまる

       

 

10

空間を細分化

   

     

11

オフグリッド、自給自足

     

     

12

廃材利活用

     

 

   

13

小さな暮らし

   

 

 

14

可能性を追求

 

   

 

 

15

妄想する

 

   

 

 
 
「都市を科学する」の「小屋編」は、横浜市の建築設計事務所「オンデザイン」内で都市を科学する「アーバン・サイエンス・ラボ」と、「住」の視点から新たな豊かさを考え、実践し、発信するメディア「YADOKARI」の共同企画。人や社会が「どんな」小屋を「なぜ」求めているのか、調査・分析・考察しながら連載します。

「都市を科学する〜小屋編〜」記事一覧