update

小屋×都市
#11
オフグリッド、
自給自足の小屋

 

水、エネルギー、食糧、トイレ。
必要なものを自給する小屋がある。
山や森などの自然の中はもちろん、
インフラが活用できる都市にもだ。
どんな方法が、あるのだろう?
なぜそんな小屋が、ほしいのだろう?

 

生活には何が必要? どう自給する?

必要なものを自給自足しながら過ごすための、小屋がある。

山や森、草原といった、都市から離れた自然の中で。

 

あるいは、敢えてインフラが活用できる都市の中で。

 

では小屋は、生活に必要な何を、どう供給できるのだろうか?

 
雨や空気から得て、浄化して、循環させる水

まず水は、雨を集めるのが分かりやすいだろう。

雨どいを使って水を集める小屋の例
Public Domain

 

空気中の水蒸気から水を得るという発想もある。

自ら水を生み出すグリーンハウス「Jellyfish Barge」。水面と上空の温度差を生かして真水を生み出す。 Via:pnat.net

 

排水を浄化して再利用する、“循環”も大事な考え方だ。

オフグリッド・トレーラーハウス「Wohnwagon」。屋上の植物性フィルターが、シャワーや洗面台の排水を飲用可能に浄化する。Via: tinyhouseblog.com/

 
太陽や風などから効率よく受けるエネルギー

エネルギー源となる太陽光や風は、効率よく受けたい。

 

いつでも使うために、発電だけでなく蓄電の機能も必要になる

NYに出現「Ecological Living Module」。隠れ扉の内側には蓄電池や水システムが。Via:dwell.com

 

太陽光を電気に変えず、光や熱として活用することもできる。

 

暖房や料理の熱源には、薪を使うのもシンプルだ。

 

食糧や小屋自体も、つくって自然に返す

食糧も、工夫次第で生産できる。

 

トイレは草むらなんかで済ますこともできるが、コンポストトイレを備えるのも一案だ。

微生物の力を借りて汚物を分解するコンポストトイレを備えれば、食べたものを自然に返しやすくなる
By Rene Cortin, CC BY-SA 4.0

 

究極的には家までも、地元の資材でつくって自然に返すという考え方がある。

 

水、エネルギー、食糧、トイレ、家。

どうせなら、そのいくつかを同時に、効率的に得られるよう工夫したい。

オフグリッドの移動カプセル「Ecocapsule」。太陽光、風力、雨水を効率的に得られる
Via:ecocapsule.sk

 

自給自足の小屋が、なぜほしい?

ところで、必要なものを自給する小屋がほしいのは、なぜだろう。

都市から離れた自然の中で過ごしたくて、そのために必要だから?

 

それだけなら、外から持ち運んだ方が楽ことも多いし、都市に自給自足の小屋をつくる理由もない。

NYに出現「Ecological Living Module」。太陽光からの電気や雨を浄化した水のほか、壁面で野菜を育てて自給する。Via:dwell.com

 

環境に調和しながら生きていきたいから?

太陽や風や雨を通じて、自然とのつながりを感じたいから?

インフラに依存せずとも生きていけることを、確かめたいから?

シンプルな暮らしで、本当に必要なものを見つめ直したいから?

 

どれも、推測に過ぎないけれど。

高度化、複雑化、都市化が進んだ社会にある、いろいろな欲求が見え隠れする。

(了)
<文:谷明洋、イラスト:千代田彩華>

【都市科学メモ】
小屋の魅力
オフグリッドや自給自足の暮らしを実現できる
生きる特性
小ささ、アレンジしやすさ
結果(得られるもの)

自然の中での時間、環境との調和、地球との接点、生きる力、暮らしに必要なものへの理解

手段、方法、プロセスなど

何を自給するか、考える
本稿で取り上げた水、エネルギー、食糧、小屋の資材を中心に、何をどこまで自給するのかをまず、考えたい。自給自足は、それ自体が「目的」にも、自然の中で時間を過ごすための「手段」にもなり得る。目的や環境に応じて、都市インフラの活用や、持ち運ぶことを選択肢に加えても良いだろう。

自給する機能を得る
自給すると決めたものを、どうやって得るのか。試行錯誤して自作するもの楽しいし、必要な部分や、あるいは小屋全体を購入することもできる。発電や水の循環、トイレなどについてはテクノロジーが常に進んでいるので、最新情報をチェックしてみよう。

時間をかけて、楽しんでみる
水は雨が降らなければ得られないし、食糧を生産するにも時間がかかる。曇りが続いて思うように発電できないこともあるかもしれない。コントロールしきれない自然に対して、どのくらいのバックアップを用意し、どのくらいのことなら受け入れるのか。自分らしく楽しみたい。
 
「都市を科学する」の「小屋編」は、横浜市の建築設計事務所「オンデザイン」内で都市を科学する「アーバン・サイエンス・ラボ」と、「住」の視点から新たな豊かさを考え、実践し、発信するメディア「YADOKARI」の共同企画。人や社会が「どんな」小屋を「なぜ」求めているのか、調査・分析・考察しながら連載します。

「都市を科学する〜小屋編〜」記事一覧

 

【Theory and Feeling(研究後記)】

日本科学未来館に勤めていた前職時代に、「循環」や「地球と人間の関係」を考えるようになりました。「有限の閉鎖空間である地球で、人類が生き延びるためにはどうするのか?」という問いがあるからです。

島根県にある海士町という離島を訪ねたときのこと。「外との境界がはっきりしている離島は、循環を考える良い場所なんじゃないかな」。島の学習塾のスタッフさんから、そんな話を聞きました。

未来館の毛利衛館長は、人が宇宙に滞在するための「国際宇宙ステーション」を「地球の縮図」と位置づけることがありました。国際宇宙ステーションは確かに、オフグリッドな閉鎖空間(食糧は運んでいくけれど)。”究極の小屋”と言えるかもしれません。

離島、国際宇宙ステーション、そして小屋。有限性や閉鎖性のある場所で感じられることは、地球にも通じるような気がしてきました。(たに)

高度400kmに人が滞在する「国際宇宙ステーション」は”究極のオフグリッド小屋”?