update

あなたも建築模型、
つくってみませんか?

text:satoshi miyashita photo:ondesign 

 

すでに4回目を数えるオンデザイン主催の「模型づくりランチ」。
ゲリラガーデニング、多肉植物など、毎回、趣向を凝らしたアイディアで、
子供から大人まで楽しめるワークショプが好評だ。
今回はそのイベントの企画運営を手掛ける、オンデザインの若き新鋭に、
「模型づくりランチ」の先にある、本当に伝えたい思いを語ってもらった。

 

「模型づくりランチ」で、私たちが伝えたいこと。

 

——これまで計4回、模型づくりランチをやってきた感想を教えてください。

鶴田:一緒にやっている塩脇とは、「たんに模型のつくり方を教えるというより、『自分が作りたいものをどうカタチにするか』というワークショップにしていきたい」と話しています。シートにイメージを描いてもらうようにしたのもそんな理由からです。私たちは、それを見ながら「ここに窓をつくりたいなら、こういう素材がありますよ」ってフォローするようなスタンスです。

塩脇:いま鶴田が言ったように、たんにイベントとしてなら、楽しんでもらってオシマイでいいけど、僕らはイベント屋さんとは違う立場でやろうとしています。そういう意味では、僕らと参加者とのコラボのようなワークショップになればうれしいです。毎回、僕らも、みなさんがつくった模型を見て、いろいろ新しい発見をさせてもらっています。

オンデザインの鶴田さん(右)と塩脇さん(左)。

——毎回、テーマがユニークですよね。

鶴田:昨年11月に「関内外OPEN」で行った、2回目の「模型づくりランチ」は、「ゲリラガーデニング」(街中に緑を植えるイギリス発祥の市民活動)とのコラボだったんですが、それがきっかけでデスクガーデンの吉田健二さんという方と出会い、3回目の「多肉植物」でコラボすることになったんです。

第2回模型づくりランチは、屋外で行われた。

第3回目模型づくりランチで、多肉植物について解説するデスクガーデンの吉田さん。

塩脇:建築模型ではドライフラワーくらいしか使わないのに、まさか生きている多肉植物を使うなんて(笑)。模型の大きさは変わらないけど、植物は大きくなっていくのも面白いかもと思ったんですよね。これからも、いろんなジャンルの方々とコラボしながら、毎回テーマを変えていきたいですね。今回は玄関まわりだったので、次はリビングとか、寝室とか、そういう感じで最終的に「ひとつの家」が完成するようなワークショップにしていければと思います。

——そもそも、なぜ「模型づくりランチ」というイベントが生まれたのですか。

鶴田:私は、昨年から「泰生ポーチ」の運営を任されるようになって、一階のイベントスペースを使って、何かオンデザインらしいイベントをしたいなあと考えていました。いろいろ候補を上げていった中で思いついたのが、この「模型づくり」だったんですね。オンデザインでは、いつも大きなプレゼン前は模型制作を手伝ってくれるバイトさんに来てもらいます。残念なのは、完成した模型を毎回見届ける前に模型制作の仕事が終了してしちゃうんですね。なので最初は、そういうバイトさんたちがもっとオンデザインを知ってもらえるような交流の場にしようと企画しました。そうしたら代表の西田から「それなら模型づくりをみんなでやったらどうかな」という話しになったわけです。オンデザインがもっている「模型へのこだわり」、「これまで培ってきた素材の使い方」とか、他の建築事務所にはないスキルを隠すのではなく、もっとみんなにシェアしてもらおうと。「泰生ポーチ」がある関内でやれば、建築学生だけじゃなく、いろんな方々が来てくれて、そこから模型づくりの交流も生まれるはずだと。

——西田さんはどんな助言をしたんですか。

西田:確かに最初のきっかけは「泰生ポーチ」の1階スペースをどうよくしていこうかってことでした。鶴田さんの話に加えると、じつは僕としてはプレゼン前の模型制作というたいへんな時期に、バイトしてくれる学生が、ここから見つけられるのではという企みもあったんですけどね(笑)。

塩脇:でも、やってみると意外に学生が来ないってこともあって(笑)。参加者は、けっこう働いている女性の方とか多いんですよね。僕は2回目の「ゲリラガーデング」から担当してます。そのときも、ご夫婦で来られた方の集中力が印象的でした。「この色のペンはないんですか」といった、つくることへのこだわりが垣間見えました。そういう意味では、参加する方々の年齢をみても、「もっとイベントのやり方を考えたいよね」と、鶴田とはよく話しています。例えば、つくった模型を持って帰るだけじゃなくて、多少スキルが身に付けば、あとでさらにリメイクしてもらえるのかもしれません。ただつくって、パッケージして、そこで終わっちゃうよりも、その先があればもっと楽しいはずです。模型づくりって、何もない状態からつくるので、つくった側にも「愛でる感」がかなり出ると思うんです。そこは家づくりと一緒ですよね。

鶴田:やはり前提として、モノづくりが好きな方が集まる印象はありますね。

塩脇:多肉植物の時は、システムエンジニアをされている方がいました。その人は、もともと手先が器用だったけど、今回、久しぶりに土を触ったり、カッター握っりして、とても楽しかったという感想を語ってくれました。そう考えてみると、大人が楽しめるワークショップになっているのかなって思います。

 

家づくりのきっかけをつくっていきたい。

 

——参加者がつくる模型のクオリティはいかがですか。

塩脇 屋外と屋内というシチュエーションでも違いもありますが、毎回、クオリティは高いですよ。あまりこちらも手取り足取り教えないほうが、みなさん自分のものをつくっている意識が強くなるんですね。以前、保育園の先生をやられている女性の方が参加されていたんですが、彼女はワークショップが終了した後も、居残ってしばらくつくってました。そのこだわりたるやもはや建築家も顔負けなくらい(笑)。

鶴田 「何かが違う」って自問自答しながら最終的には納得して帰っていきましたよね。

——今後の展開について教えてください。

鶴田 今後も季節ごとのスパンで続けていきたいと思います。個人的にはお施主さんとかにも参加してもらえたらうれしいですね。本物の設計をやっている中で、お施主さんにも家の一部の玄関やリビングをどうしたいか想像してもらって、それを見た私たちにも気付かされることがいろいろあると思うから。

塩脇:そうですね。あと最終的には模型をつくってくれた参加者が、お施主さんになってくれたらいいなと思っています。カップルで参加された方などは、将来そういう可能性もありえますよね。オンデザインが設計している住宅の中には、自分で模型をつくって、事務所に持ってくるお施主さんがいるんです。それって自分の家に対する、愛だと思うんですが、お施主さん同様に僕ら設計者サイドももっと愛を持たないといけないし、そうしないと、想像をこえるようないい家ってできないと思っています。

鶴田 大学の友人には、「オンデザインのやっていることって幅広いね」ってよく言われますけど(笑)。

塩脇:傍から見たら、「何やってんだ」って意見もあると思うんですけど、大きな視点でみれば、お施主さんの家づくりに対するスキルアップにもなるし、大切なコミュニケーションツールにもなっているんですよね。

鶴田:つまり私たちは、きっかけをつくっているに過ぎないのかもしれません。でもそれがすごい意味のあることなんだと感じています。

塩脇 だから、あえて参加者のターゲットを絞りたくないんですよね。いろんな人たちとコラボしているということがメインテーマなので。

鶴田:もっと子供たちから年配の方まで、いろいろな方に来てほしいと思います。

塩脇・鶴田:次回も楽しいワークショップにしますので、ぜひご期待ください!


profile
塩脇 祥 sho shiowaki

1989年、神奈川県生まれ。2015年神奈川大学院修了。2016年オンデザイン入社。

鶴田 爽 sayaka tsuruda

1992年、兵庫県生まれ。2016年京都大学院修了。同年オンデザイン入社。

○第5回「模型づくりランチ」の詳細については決定次第、このサイトにアップします!