update

小屋×都市
#08
「キャンパーフェス2018 in 安曇野」レポート後編

 

モバイルハウスは単なる道具としてだけでなく、表現や自己実現のツールにもなっていた。「キャンパーフェス2018 in 安曇野」のレポート後編は、一夜明けた2日目の様子。個性的な生き方を、モバイルハウスで模索したり実験したりする人たちに出会った。

 

ヒュッテの大部屋で寝袋を借り、秋晴れの朝を迎えた。
フェス会場では、雑貨や飲食品の販売が始まっていた。

秋晴れに恵まれたキャンパーフェスの2日目

 

茶室キャンパーをつくりたい

南インドカレーを振る舞っていた青年に、話を聞いてみた。
上杉龍矢さん。自分のモバイルハウスはまだ持っていないという。

南インドカレーを振る舞う上杉さん

「ぼく、茶室のモバイルハウスを作ろうと思っているんです」

発想がユニークなら、その理由も素敵だった。

「おばあちゃんがお茶の先生で。一緒に出かけられたら良いな、と」

小さい頃にかわいがってもらった、89歳のおばあちゃん。
その、お茶を点てている時の姿が大好きなのだという。

「旅というより、お茶でつながりを作りたいんですよね。おばあちゃんと楽しい時間を過ごしながら、文化を受け継いでいきたい」

 

モバイルハウスづくりの仲間を訪ねる旅へ

モバイルハウスでの、旅の準備を進める人もいた。

松永健吾さんはこの夏、モバイルハウスをつくる1週間のワークショップに参加した。
最終日のオークションで、みんなで泊まりがけでつくったモバイルハウスを落札。
その車両で、キャンパーフェスの会場に駆けつけた。

「初心者も同然」の状態で、1人で参加したワークショップ。
神奈川県の会場で出会った、10人以上もの仲間の存在が大きかった。

夏に仲間と泊まりがけで取り組んだモバイルハウスづくりのワークショップの様子(主催者提供)

「一人でモバイルハウスをつくるのは、技術的にもそうだし、何より精神的にも難しかったと思います。単純な作業とかも多いし。みんなでワイワイ楽しくやるのが、完成させる一番のコツだったんじゃないかな」

その車で、寝食をともにした仲間を訪ねながら、全国を巡る旅に出るという。

モバイルハウスでの旅の準備を進める松永さん

「みんなに会いたいし、いろんな場所で泊まって、この窓枠からいろんな景色を眺めたい」
フェス会場では先輩キャンパーから、防火対策や旅のコツを教えてもらっていた。

 

本文では紹介しきれなかったけど、6年間も旅をしている写真家さんにも会いました

 

モバイルハウスは「発信のツール」

やがて会場では、軽トラックの荷台をステージに、トークライブが始まった。
何組かの参加者が、自分とモバイルハウスについて、壇上で話をするのだ。

荷台をステージにしたトークライブ

 

日本をすでに5周したという有村博勝さんのモバイルハウスは、発信のツールとして機能していた。
各地で「小さな暮らし」や「エネルギーの自給」などについて話しているという。

「モバイルハウスで旅をしていると、『個性的だ』と面白がって声を掛けてもらえる。目立つことが目的なんじゃない。でも目立って興味を持ってもらえれば、いろいろなメッセージを伝えることができる」

モバイルハウスでの発信について語る有村さん

 

断熱と防音が完備されたモバイルハウスの紹介もあった。
建設関係の会社を営む、住環境プランナーの折口尊人さんだ。

もともとは、現場作業での騒音対策の「防音室」としてモバイルハウスを製作。
すると、外からの音も遮断でき、現場近くでの寝泊まりにも快適だった。

「つくっているうちに、『これ、使えるじゃん』って気付いて」

さらに、断熱材を備えると、快適性は賃貸の住居をしのぐほどに。
暑い夏と寒い冬は、自宅の駐車場の車中で寝るようになった。

断熱と防音に優れた折口さんのモバイルハウス(主催者提供)

仕事の「出張モデルルーム」まで兼ねるようになったモバイルハウス。
「現場の近くでもどこでも寝泊まりできるし、趣味のドラムも思い切りできる」

なんだかとても、楽しそうだった。

 

バンで日本を旅する若夫婦

バンで寝泊まりしながら、日本を旅する若夫婦の物語もあった。
26歳の「わたなべ夫妻」だ。

銀行員としての生活に疑問をいだいたり、海外への転職で夫婦間に亀裂が入ったり。
そうしたことを経て、「一緒に成長しあえる関係になろう」「楽しい事を仕事にしよう」、そのために「夫婦そろって起業しよう」と決心したという。

旅を始めるまでについて語るわたなべ夫婦

「でも、『やりたいこと』が無い事に気づいて。だったら、『日本を一周しながら、住むところと、やりたいこと探してみよう』ということになったんです」

格安で中古のバンを手に入れ、ベッドを導入。
2018年7月に日本一周がスタートした。
旅の様子を発信するブログは徐々にアクセスが増え、小商いに発展する可能性も感じ始めている。

愛用のバンを前に

「やりたいことを探すために旅に出たけれど、今は、『好きな人と好きなことをやる』『この旅をやりきること』が目標です」

そうすることで、新しい世界が開けると信じている。

 

モバイルハウスは自己表現

前編で紹介した「自由な旅やキャンプを楽しむ人たち」も含め、北は秋田、南は福岡から計33台のモバイルハウスが集まったキャンパーフェス。

ドローンで記念撮影(主催者提供)

トークライブが終わると、少しずつ、帰路につく人が増え始めた。

「こんどはこの車で遊びに行くからね」
「また会おうね」

そんな様子を眺めながら、フェスを主催した龍本司運さんに感想を訊ねた。

「満足です」

龍本さんは開口一番、力強く言ってから、フェスを振り返ってくれた。

「この空気感が良かったですね。なんだろうな。みんなが楽しそうに自由にやってくれていたから」

イベントを主催した龍本さん

龍本さん自身も「荷台夫婦」として、モバイルハウスで生活している。
フェスは、SNSなどを活用して取り組むコミュニティづくりの一環でもあった。

「モバイルハウスって、“生き様”の表現だと思うんです。持ってきている空間に、生き様がある。いろんな生き方があって、お互いに見せて、体感し合って、楽しみ合う。それでいいんじゃないかな」

実体験に基づく「自己表現」という言葉に、ゆっくりと広がるモバイルハウスムーブメントの理由が、あるような気がした。
(了)

<文・写真:谷明洋>

 

【都市科学メモ】
小屋の魅力
生き方を模索したり、表現したり、発信したりするツールになる
生きる特性
生き様を持ち運べること
結果(得られるもの)

発信力、共感

手段、方法、プロセスなど
いろいろやって、発信してみる
モバイルハウスなどで自分がやりたいことをやってみて、様子を発信する。キャンパーフェスのような場に顔を出しても良いし、ブログやSNS、動画サイトなどを使っても良いだろう。
 
「都市を科学する」の「小屋編」は、横浜市の建築設計事務所「オンデザイン」内で都市を科学する「アーバン・サイエンス・ラボ」と、「住」の視点から新たな豊かさを考え、実践し、発信するメディア「YADOKARI」の共同企画。人や社会が「どんな」小屋を「なぜ」求めているのか、調査・分析・考察しながら連載します。

「都市を科学する〜小屋編〜」記事一覧
【関連サイト】
動く小さなおうち「まいまい号」(Facebookページ)
折口さんのブログ
わたなべ夫婦のブログ「車中泊パラダイス」
龍本夫妻のブログ「荷台夫婦」
モバイルハウスビレッジ(Facebook公開グループ)