update

Seasons Letter
住まい手の季録
森の小屋暮らし
(冬編)

 

築30年の山荘をリノベーションした「森の小屋」。施主である“Iさん”が現地での暮らしぶりを季節ごとに届けてくれる連載シリーズ。
今回は白銀に染まる自然が舞台の“冬の暮らし編”です。

 

 

#05
アートのような
雲と山々

 

今年の浅間山はいつもより白い部分が少ない印象です。

今年は冬の訪れが遅かった気がします。
お正月も雪が降らなくて、うれしいような寒しいような……。
ということで、冬の小屋暮らしは開口部からの
ブラウンとホワイトの世界を満喫しています。

ガラスに夕日が写って、あたり一面がオレンジ色に。

リノベーションで窓を大きくしていただきました。
フィックスガラスが多いのとペアガラスにより、かなり快適。

以前使用していたガスストーブは、東京から来たときに
瞬間的に使用するだけで、あとは、
オイルヒーターでほんのり温まるといった過ごし方です。

元旦は近所のタキザワさんのおせちで、アウトドアリビングを満喫しました。

お正月はいつものおせちと日本酒と読書でのんびり……。
2月に入ってから雪が、時々降るようになりました。
とは言え、すごく積もるほどでもありません。

2月になるとあたりは雪景色になりました。

今年も2月独特の山の景色を見たくて、高峰山のスキー場と軽井沢プリンスへ。
高峰山は氷点下18度という厳寒なのですが、
その時期の景色といったら美しいこと。

高峰山にのぼると佐久の町が雲海のように。

高峰高原の2月は木々も真っ白に染まります。

木々はすべて白く染まり、山の上を流れる雲がまるでアートのように見えます。
標高2,000mなので、佐久の町が雲海の下に埋もれます。

軽井沢プリンスのスキー場は毎年ながらにぎわっていました。

夏は緑、秋は紅葉、そして冬は白と茶色の世界。。。
夕方、茶色がかった世界が朝起きると真っ白になるという驚きは
冬ならではの楽しみなんですよね。

朝日がのぼる東側の庭と小川の風景。

木造の小さな平屋の小屋は雪の中に埋もれたときの姿が
かわいらしくて。。。
自然の中に控え目に溶け込む小さな木の小屋。
木の小屋というものは、山の別荘の原点だと思っています。
3月に入るとだんだん春の気配が感じられます。
今のうちに冬の軽井沢を楽しみたいと思っています。

冬独特の冷えた空気と光と影。

 
 過去のレターはこちらから。
森の小屋暮らし 秋編
森の小屋暮らし 夏編
森の小屋暮らし 春編
森の小屋暮らし 冬編

DATA
所在地:長野県北佐久郡
竣工:2017年8月
設計:西田司+湯浅友絵
施工:第一建設
規模:木造平屋
敷地面積:-
建築面積:72.02㎡
延床面積:72.02㎡