update

Work Log #01
本日も建築日和なり。

text:koichi yoshikawa(ondesign) photo:ondesign 

 

18:00pm〜
事務所に戻り、打ち合わせ

Q 一日の中で、いろんな人と打ち合わせがあるんですね。
A プロジェクト毎にいろんな人が関わっています。住宅もやれば、2万平米以上のプロジェクトもやります。メンバーが違えば、できるものもそれによって変わってきて。自分ひとりだと案を決め打ちしてしまうことが多いけれど、他のスタッフと一緒にやると、案に広がりがもてます。

 

23:00pm〜
ビール片手に帰宅

Q 一日の締めはやっぱり?
A ビールですね〜。充実した日ほど美味しく感じます。発泡酒よりもビール派なので、早くみんなでビアガーデンに行きたいなぁ。今日は帰って友達の家の図面を引きます。

 

holiday
友達の家も設計中

Q 休日はどんなことをしているんですか?
A 自由研究」の枠組みの中で、地元の友達の家を設計しています。今日はそのプレゼンをしに金沢に戻ってきました。高校時代から一緒に建築を勉強してきた仲間とはなしていると、地元ならではの感覚を共有できる楽しみがあります。


深掘りQ&A
【オンデザインを選んだ理由】
最初は『新建築』に掲載されていたヨコハマアパートメントを見てオンデザインを知りました。その後ほかの事務所へ入りましたが、オンデザインの現場ブログや誌面への記載は興味をもって見ていました。事務所スタッフ各々がプロジェクトと正面から向き合い、建築の豊かさとは何かを追求している様子に強い魅力を感じ、建築を楽しみながらその「楽しさ」を共有しようとしている姿勢にとても惹かれたました。
【好きなこと/趣味】
コーヒー、ペンギン
【苦手なことは? もしくは苦手だったことは?】
マメな連絡。
【最近読んだ本で良かったもの(映画/音楽)】
最近でもないですが、松家仁之著『火山のふもとで』(新潮社)という建築設計事務所をテーマにした小説が良かったです。
【最近うれしかったこと】
事務所の新制度「自由研究」で仕事とは別に友達の家を設計していること。
【最近たいへんだったこと】
思えばずっとたいへんな気がしますね(笑)。
【好きな建築】
金沢21世紀美術館(建築に興味を持ったきっかけなので)
【座右の銘など】
上に挙げた『火山のふもと』に出てきた言葉ですが、「建築の用語でクライアントが求めるものを設計プランで解決した時は『解』と書き、それは建築には完璧な答えが存在しないので『正解』ではなく『解』と書く」という言葉は、一歩ひいた真摯な態度として心がけていきたいなと思っています。
【実際にオンデザインで働いてみて】
入社する前に感じていた”事務所スタッフ各々がプロジェクトと正面から向きあい建築豊かさを追求する”ところは、入社してみても間違いなかったと思っています。ただ、想像以上だったのがオンデザインのプロジェクトの多様性でした。建築の設計という言葉では表現しきれない種類と数のプロジェクトがつねに動いており、予想のつかない楽しさがありました。もちろんその圧倒的な数のプレッシャーは楽しさだけではなかったですが……(笑)。こんな環境なので、自分の中で何を大事にしていくかをつねに考えながら働こうと考えています。

 

profile
秋元俊介 shunsuke akimoto

1990年石川県生まれ。東京理科大学卒業。2015年オンデザイン入社。